.
基本的に汚れは長時間放っておくと取り除くことが難しくなります。
イスの場合はバランス掛けや座面部分に立ち乗り、ソファは本体の上で飛んだり、跳ねたりしないようにすれば、バネ、ウレタン部分へかかる負担が減るのでの長く使用できます。
日々のメンテナンスで家具の寿命がかなり延びますので下記をチェックしてみてください。
当てはまるものをクリックしてください。
イス・ソファ テーブル・ボードなど 使用上の注意
木製の椅子
金属製の椅子
籐製の椅子
布製の椅子
合成皮革製品
皮革製品
木製天板
メラミン化粧天板*
大理石・ストーンクラフト天板
ガラス天板
イス・ソファ
テーブル
*メラミン化粧板とはプリントされた(パターン)紙にメラミン樹脂を含ませて熟を加え、
何枚も貼り合れせて接着したものてす。
木製の椅子
  
日常のお手入れは柔らかい布で乾拭きしてください。汚れのひどい時は薄めた中性洗剤を浸した布で汚れを落としよく絞った布で洗剤分を拭き取り、乾いた柔らかい布できれいに拭き取ってください。

*注意 科学ぞうきんを長い間接触させたままにしておくと、変色や表面がはげたりすることがありますのでご注意ください。

曲げ木の椅子は木ネジやボルト・ナットで組み立てられておりますので、緩んだ際には締め直してください。

戻る
金属製の椅子

日常のお手入れは柔らかい布で乾拭きしてください。汚れのひどい時は薄めた中性洗剤を浸した布で汚れを落としよく絞った布で洗剤分を拭き取り、乾いた柔らかい布できれいに拭き取ってください。湿気が付いたままにしたり、酸性のものが付着したままにするとサビの原因となります。

クロームメッキ仕上げ、アルミ、ステンレスの汚れまたは錆は金属磨きにより十分に拭き取り、乾かした後金属用のワックスをかけて磨いてください。

塗装仕上げの汚れは、中性洗剤で汚れを落とし金属用のワックスにて磨きます。シンナーベンジン等は使用しないでください。

戻る
籐製の椅子

籐は、高温多湿を嫌い、長い試用期間によるたるみが出てきます。
また部分的に荷重を加えると破れる恐れがあります。
普段のお手入れはブラッシングによりほこりを取り除き、汚れに対しては中性洗剤を薄めたもので拭き取り、乾いた布で水分を十分に拭き取ってください。

戻る
布製の椅子

日常のお手入れはブラッシングや掃除機(口は丸ブラシが◎)で折り目のほこり等を取り除いてください。コーヒー、酒などで汚した場合は3〜5%に薄めた中性洗剤(または石鹸液)を柔らかい布に浸し、軽く絞って表面を軽くたたくように拭き取ってください。この後洗剤をよく布で拭き取り自然乾燥してください。この場合しみなど汚れた部分だけでなく周囲もまんべんなく拭いて下さい。予め防水スプレーをかけておくのもいいでしょう。

戻る
合成皮革製品

日常のお手入れは柔らかい乾いた布で軽く拭いて下さい。
汚れたときは、ぬるめの薄めた中性洗剤液(または石鹸液)に湿らせた柔らかい布でよく拭き取り、その後水で湿らせた布で洗剤液をよく拭き取ってください。

*注意:ビニール製品等を長時間重ねておくと変色の原因になることがありますのでご注意ください。

戻る
皮革製品

日常のお手入れは柔らかい乾いた布で軽く拭いて下さい。
年に2回は市販のレザークリーンで磨いて充分乾燥させてからウール地等で拭いて下さい。
汚れた場合は薄めた中性洗剤液(または石鹸液)に湿らせた柔らかい布でよく拭き取り、その後水で湿らせた布で洗剤液をよく拭き取ってください。その後乾いた布で磨いてください。この場合しみなどを防ぐため汚れた部分だけでなく周囲もまんべんなく、拭いて下さい。

*注意:靴クリーム、溶剤(シンナー、ベンジン等)は使用しないでください。整髪剤も皮をいためますので丁寧に拭き取ってください。ビニール製品等を長時間重ねておくと変色の原因になることがありますのでご注意ください。

戻る
木製天板

木製の天板には、堅く、重いものや底のざらついたもの、また熱したものは直接置かないでください。普段のお手入れは乾拭きを行い、汚れの度合いに応じて薄めた中性洗剤で拭き取り、専用ワックスをかけてください。

戻る
メラミン化粧天板

普段は水拭きまたは科学ぞうきんを使用し、汚れはベンジンか中性洗剤を薄めたもので拭き取り、必ず水拭き後水分を拭き取ってください。

戻る
大理石・ストーンクラフト天板

大理石は吸水性があり、濡れたもの、よごれ、ほこりなどの放置からシミを作ることがあります。普段は柔らかい乾いた布でほこりを払い専用ワックスで磨いてください。

戻る
ガラス天板

卓上には堅く重いもの、鋭利なものはなるべく置かないようにしてください。
汚れはガラスクリーナーで拭き取った後柔らかい布で乾拭きしてください。

戻る
使用上の注意・・・イス・ソファ
使用する際、脚を浮かせて傾けて(バランス掛け)使わないでください。
椅子が転倒したり、変形して、ケガをする原因になります。
肘掛や背もたれに掛けたり、乗ったりしないでください。倒れてケガをすることがあります。
直射日光や熱、冷暖房の強風などが直接あたらないようにしてください。
家具がゆがんだり(木質)熱をもつとやけどの原因になることがあります。
家具は水平に保つようにおいて下さい。
ガタツキのまま使っていると、家具が壊れたりケガをする原因となることがあります。
ウッドフロア―や畳の上で使用する場合は床面に傷がつかないように
カーペットを敷いたり脚にフェルトを張るなどしてください。
椅子の上に立ったり、飛んだり、踏み台の代わりに使ったり、
不安定な姿勢で掛けたりしないでください。安定をくずし、倒れてケガをすることがあります。
キャスター付きの場合は、その上に立ったり、座ったまま激しく動かしたり、
押して遊んだりしないでください。倒れてケガをしたり他のものを壊したりすることがあります。
木材の接着剤等(ホルムアルデヒド)が残っている家具で、肌の弱い人はアレルギー症状をおこすことがありますので換気を充分にして取り除くようにしてください。
虫害(木製)を発見した場合は、直ちに殺虫や防虫処理をしてください。
放置すると虫害が拡大することがあります。
定期的に点検をしてください。蝶番(ちょうつがい)や組み立て用固定ネジ類が緩んでいないか時々点検し、緩み始めたらしっかり閉めなおしてください。緩んだまま使っていると家具が壊れてケガをすることがあります。
戻る
使用上の注意・・・テーブル
直射日光や熱、冷暖房の強風などが直接あたらないようにしてください。
家具がゆがんだり(木質)熱をもつとやけどの原因になることがあります。
テーブルや机の上に立ったり、飛んだり、踏み台の代わりに使ったりしないでください。
安定をくずし、倒れてケガをすることがあります。
キャスター付きの場合は、その上に立ったり、座ったまま激しく動かしたり、
押して遊んだりしないでください。
また物を載せて移動する場合は、安定させた平らな床面で静かに移動させてください。
倒れてケガをしたり他の物を壊してしまうことがあります。
引き出しや引手のあるものの上に乗ったり、ぶら下がったり、無理な力で引っ張ったりしないでください。取っ手が取れたり、家具が壊れてケガをすることがあります。
また扉や引き出しを同時にいくつも開けたり、引き出したりしないでください。
重心が前に移り転倒することがあります。
引き出しの場合、これをいっぱいに引き出すと抜け落ちてケガをすることがあります。
木材の接着剤等(ホルムアルデヒド)が残っている家具で、肌の弱い人はアレルギー症状をおこすことがありますので換気を充分にして取り除くようにしてください。
伸張式のテーブルなど形状の変化する家具操作で手を挟まないように注意してください。
ケガをすることがあります。
突板やムク材使用の天板等は直接熱いものや濡れたもの置いたりビニール等で長時間おおって使用しないでください。塗料が変色したりはがれたりする事があります。
テーブルの上に灰皿や食器等底のざらついたものを直接置いて引きずったりすると
傷が付くことがありますのでご注意ください。
ガラス使用の商品のガラスは乱暴な扱いはしないでください。
ガラスが割れてケガをすることがあります。
テーブル、机を横にしたり壁などに立てかけないでください。
倒れてケガをすることがあります。
安全のため破損、変形した家具は使わないでください。
地震等で家具が倒れ、ケガをすることがあるので、
建物の壁、床、天井等固定用金物固定部材でしっかり固定してください。
また、家具の上に物を置くと落ちてケガをすることがあるので、置き方にご注意ください。
高温多湿の部屋では、空気が滞留するとカビやダニが発生しやすくなり、健康を害することがあります。家具の裏側にも空気が流れるように壁から少し離したり(10cmが好ましい)、部屋の換気をしてください。
虫害(木製)を発見した場合は、直ちに殺虫や防虫処理をしてください。
放置すると虫害が拡大することがあります。
定期的に点検をしてください。
蝶番(ちょうつがい)や組み立て用固定ネジ類が緩んでいないか時々点検し、緩み始めたらしっかり閉めなおしてください。緩んだまま使っていると家具が壊れてケガをすることがあります。
大きな家具や重量のある家具を移動するときは2人以上で運んでください。
落としてケガをしたり腰を痛める原因になります。