ホームエレクターの歴史/ 組立て方 / 組立て例 / よくある質問
ホームエレクターで作った基本ラック:ワイヤーシェルフ×3枚、ポスト(2本入)×2組 ホームエレクターコーナーリングの刻印
こちらは以前、限定品で販売されたブルーメタリックです。
ホームエレクター大幅値引き!アウトレット特価あり!!
税込10,000円以上お買い上げで送料無料!(北海道、沖縄・離島は送料お見積り)
エレクターの歴史 エレクターの品質の高さ
組立ての基本 ご購入頂いたお客様の活用術
組立てのコツ・組合せアイデア 色の組合せで格好良くキマる、活用術
アクセサリーパーツの使い方 エレクターの拡張マニアック活用術
ホームエレクターQ&A ホームエレクター(トップページ)



エレクターの歴史




戻る













信頼のために厳しいテストが行われています。



戻る
















ホームエレクターの組立て方
@ポスト、Aシェルフ、Bテーパー(シェルフに付属)
組立ての基本
エレクターシェルフは・・・・
@ポスト(柱)
Aシェルフ(棚)
Bテーパー(シェルフに4組付属してます)
この3つを基本に様々な収納が作れます。
ポスト@の溝にテーパーBを取付けます 棚に乗せる物の大きさに応じて25.4mm(1インチ)ピッチの目盛り、
あるいは約20cm毎に印されたダブルラインを目安にして、
棚の取り付け位置を決めます。
この時、マーカーなどでポストに印をつけると便利です。
ポストは先端にボルトがある方が下になります。
@ポストの溝に、Bテーパーを合わせ、
両方を“カチッ”と、はめ込みます。
ポスト4本の同じ位置にテーパーを付けたらAシェルフ(上写真)の
四隅にある穴にポストをくぐらせるとテーパーの位置で留まります。
ポストは先端にボルトがある方が下になります。
ポスト@4本にそれぞれ同じ高さにテーパーBを取付け、シェルフAをくぐらせます。 ポストにシェルフをくぐらせたら・・・・
4本の@ポストに取り付けたBテーパーにAシェルフが留まったら、
シェルフをグッと押してテーパーの上にシェルフのリングがくる
ようにして下さい。 ―― 棚1段取付け完成!!
以上の作業は素手でできますがホームセンターに売っている
ゴムハンマー(ゴムは金属を傷めない為)を使用すると、取り付け・
取外しが楽です。
▼youtube 組立て方:1分50秒から
戻る







.


組立てのコツ・組み合わせのアイデア
1. 2人で作業することをおすすめします。
組立方法は簡単ですので、小さいものでしたら1人でも楽に組めますが、高さが190cmや160cmなど高い場合ですと、組む際にスペースを取り、組むのも大変です。またシェルフやポストが倒れたり、することでお部屋に傷が生じる場合も有りますので、2人で作業をおすすめします。
2. 作業する前に組む順番を確認しましょう。
最初に組む順番を確認しておくことをおすすめします。
順番を間違えたらまた取り外さなければいけないので面倒です。
もし間違えてしまった場合、取り外す際にゴムハンマーがあった方が楽にできます。
(組むときはそれほど力は要らないのでゴムハンマーは無くてもOK。)
3. 作業するスペースを作ることをおすすめします。
エレクターは金属製品なので丈夫ですが、手がすべった拍子にまわりの物を破損させてしまうかもしれません。ある程度スペースを作って、割れ物などを近くに置かないようにしてください。
フローリングの場合、毛布や厚手のタオルを敷いて作業して頂いたほうがいいと思います。


ホームエレクター、組み合わせのアイデア



戻る





.

アクセサリーパーツの使い方

ポストとシェルフの他に、いろんなパーツがあります。
下記のグリーンの文字や画像をクリックして下さい。


●ワイヤー以外のシェルフ。
ウッドシェルフ・ブランチシェルフ

パンチングシェルフ
キャスター
付けると移動に便利です。
フロアプロテクトアジャスター
フローリングの傷防止にも
なるアジャスター。
●吊下げは収納はフック
お使い下さい。
ワイヤーシェルフやハンガー
レールに掛けられます。
●本立てなど間仕切りは
ディバイダ−を使用。
●組立例PCデスク+ワードローブ
●ワードローブは
ハンガーパイプ&ブラケット
使います。
●デスク+ワードローブ↓click「拡大」
●デスクのポストの固定は
三方クロスバー、や
ハンガーレール
を使用します。
●ワードローブ+シェルフイン
シェルフ
 ↓click「拡大」
●シェルフ(棚)に引出しを作る場合
シェルフインシェルフをご覧下さい。
トレイは深さが選べます。
●組立例・作業台
●組立例・TV台
●ウッドシェルフどうしの連結は
ウッド&ウッドシェルフコネクター
●ワイヤーシェルフどうしの
連結はシェルフコネクター
●組立例・TV台
●付属の黒のテーパーとは
一味違うスケルトンテーパー
カラーは4色あります。
●組立例・ワゴン
●ワゴンにハンドルを加えて
移動もラクラク
●組立例・キッチンボード
↓click「拡大」
●組立例・サニタリーシェルフ
↓click「拡大」
●組立例・ラック付デスク
↓click「拡大」




戻る



















.
ホームエレクターQ&A
●ご購入前にご確認くださいませ。
ホームエレクターQ&A


ホームエレクターと他製品との互換性について
スーパーエレクターとの、互換性はありますか。
互換性はありません。
構造上、同サイズの部分もありますが、今後の開発製品等も各製品群の使用に合わせて開発されていますので、ご使用は同一シリーズでお願いいたします。
ホームエレクターと他社メーカーのスチールワイヤーシェルフと組合せはできますか。
できません。
互換性はありませんので組み合せてのご使用はご遠慮ください。
材質について
クロームタイプとブラック・ホワイトタイプの違いについて教えてください。
また、錆びにくいのはどちらの方でしょうか。
製品の塗装の仕上げ方法が異なるだけで、組み立て方・耐荷重性能・サイズ等はすべて同じです。
クロームタイプはスチールにニッケル+(クローム)クロムメッキをしその上に透明アクリル樹脂コーティング仕上げを、ブラック・ホワイトタイプは、スチールにブラックのエポキシ塗装仕上げを施しています。
耐錆性につきましては、ホームエレクターのクロームタイプ、ブラック・ホワイトタイプともに室内の湿気のあるところや水廻りでも安心してお使い頂けるように万全の防錆対策を施しております。*ワゴンのレッドもブラック・ホワイトタイプと同じです。
ホームエレクターは屋外で使用できますか?
使用できません。
ホームエレクターは屋内用です。屋外でのご使用はご遠慮ください。
クロームメッキ製品及び、ステンレス(SUS430)製品のお手入れ方法は?
製品を美しく、長くお使いいただくためにお手入れを行うことをオススメします。
水や薄い中性洗剤を付けた布などで表面の汚れを除去し、水拭きの後、水滴を残さないように乾拭きをします。
この時、汚れで表面に傷を付けないような注意が必要です。表面に洗剤成分や水滴が残ると、これを核として汚れが付着します。
について
どうしてボルトやビスを使わないで棚が固定できるのですか。
ホームエレクターは、ボルトやビスを使わないテーパー固定方式を採用しています。テーパーは上部より下部の方が厚く設計されたくさび型構造なので、荷重がかかればかかるほどコーナーリングの締め付けが強くなり、棚板の接合度は飛躍的に向上します。これまでの棚の常識をくつがえした構造により、ゆるみやズレの生じるボルトやビスを使うことなく、確実に棚板をポストに接合することが出来ます。
棚1枚だけでも組立てできますか?
できません。
ホームエレクターは棚板とポストが棚板の各コーナー(計4点)で設置しています。
棚板1枚だとポストの方向性が定まらず、ポストが安定しません。
棚板は最低2枚以上(積載物や高さによってはそれ以上)をご使用の上、組立ててください。
棚板はたわみますか?
橋梁構造を採用しておりますので、たわみます。
ホームエレクターの棚板は強力なスチールワイヤーを素材として、実際に橋をかける際の力学を応用した橋梁構造方式を採用していますので、たわむことにより荷重を受け止めています。また、橋梁構造の特性として棚から荷重を抜いてあげるとたわみはなくなります。これによりホームエレクターは、棚板1段あたり135kgの耐荷重(均等、分散)を発揮します。
棚の厚みは何mmくらいですか。
棚部の厚さは約30mmです。
ベッドやイスが作りたいのですができますか?
できません。
ホームエレクターは物品棚ですので、人が使用するベッドやイスとしての安全性が保証されておりません。
シェルフの活用で知っておくと良い点はありますか?
ワイヤーシェルフ、スライディングシェルフは表、裏を使用目的によって使い分けられます。裏を使うと棚に枠ができるため落下防止になります。
ディバイダーはワイヤーシェルフの裏面に設置して“逆さの状態”での使用もできます。
エレクターのロゴもはずして付け替えられます。
ポストについて
ポストをジョイントさせる事は、出来るのでしょうか。
ホームエレクターのポストは、ジョイントすることは出来ません。
一番下に棚を取り付けたいのですが、ポストの一番下の溝は下から何mmですか。
一番下の溝は、アジャスターボルト取り付け時で80mmです。棚を取り付けた場合、棚上部で下から85mmになります。
キャスターについて
キャスターを取り付けた場合、高さは変わりますか?
変わります。
ポストにキャスターを取り付ける場合は、下部のアジャスターボルトを外して取り付けます。
その場合、キャスター本体の高さからアジャスターボルトの高さ(23mm)を引くと、HDR50(高さ64mm)を取り付けた場合は41mm、またHDR75(高さ97mm)を取り付けた場合は74mm、
高くなります。
キャスターの取り付け方法を教えてください。

ポストにキャスターを取り付ける場合は、下部のアジャスターボルトを外します。次にキャスターのネジ部にスプリングワッシャー、平ワッシャーの順に通して、ポストに差し込み付属のスパナで締めこみます。

キャスターを取り付けた場合の耐荷重について教えてください。

棚にキャスターを取り付けると耐荷重は変わってきます。ご使用になる場合は、HDR50を取り付けた場合は、棚全体の重さ200kg、移動の際は150kg以内でご使用ください。またHDR75を取り付けた場合は、棚全体の重さ160kg、移動の際は120kg以内でご使用ください。

キャスターを取り付けてフローリング(木床)で使用したいのですが、どのキャスターがよいでしょうか。

ナイロン樹脂製のキャスターの場合、フローリングでご使用頂きます車輪の跡が付く事がありますので、フローリングには、ナイロンより若干やわらかめなウレタンキャスターをご使用になることをお勧めします。

アクセサリーパーツについて
アドオンサイドアップシェルフだけで棚を組立てることはできますか?
できません。
アドオンサイドアップシェルフは組立てた棚に、段を追加するためのシェルフです。
アドオンサイドアップシェルフのみでの組立てはできません。
(4コーナーで固定された棚板が2枚以上必要です。)
棚にアクリル板を敷いて、その上に電子レンジやオーブンレンジなどを載せても大丈夫でしょうか。また、アクリル板の耐荷重についても教えてください。
アクリル板の耐荷重は設定しておりませんが、アクリル板を棚の上に敷いても、その場合の棚の耐荷重は変わりません。また、電子レンジやオーブンレンジ等重量物を置いても通常のご使用であればご使用頂けます。
AV・オーディオ機器等を載せて使用した場合、プレイヤーへの振動について教えてください。
ホームエレクターはオーディオ専用に作られた棚ではありませんので、多少の振動は伴ないますので、その場合は、防振ゴムなどを敷いて、振動を減少させてご使用ください。
組み立て方・解体方法について
棚を組み立ててみたところ、ポストにテーパーをつけたらとテーパーとテーパーの間だがピッタリ合わないで隙間が出てしまったり、テーパーを4箇所付けて棚板を組んでみるととコーナーリングから見えるテーパーの出具合がまちまちだったりしているのですが大丈夫でしょうか。
ポストにテーパーを取り付けた場合、テーパーとテーパー間に隙間がでても問題はありません。また、棚板を組み込んだときにコーナーリング下部からテーパーが2〜3mm見えるのも問題はありませんが、4個所で見え方が極端に違っていたりした場合はお手数ですが、当ショップかメーカーのカスタマーサービスまでお問い合わせください。
■カスタマーサービスセンター tel:0120-707-532 customer@erecta.co.jp
組み立てた棚を、ばらしたり組み換えたりする事は出来るかどうか教えてください。

ホームエレクターのすべての製品は組立式なので、組立てたり、ばらしたりすることが出来ます。組み立てや解体も、木づちやソフト(ゴム)ハンマー1本で簡単に行うことが出来るのも特徴です。組立ての際はハンマーがなくてもできますが、取り外しは力が必要になりますのでゴムハンマー(ホームセンターや100円ショップで販売)のご使用をおすすめします。

ウッドシェルフを棚から外す場合や高さを変更する場合、ゴムハンマーで叩く位置はウッドシェルフ裏側にあるスチールフレームです。誤って木の縁部分を叩いてしまいますと、木とスチール枠が外れてしまう事がありますのでご注意下さい。
ワイヤーシェルフなどに関しましても、4角のコーナーリング寄りの波線線材と直線線材が溶接された部分を棚の下側から上側に叩いて緩めて下さい。

戻る
●検索で来られた方はこちら